2014年7月5日土曜日

フィレドカナールpg シャランデ 2枚入り



【ピュルゴー家の鴨】空輸便フィレドカナールpg シャランデ 2枚入り(冷蔵)不定貫Kgあたり9,...
(税込 5,238 円) 送料別

シャラン鴨とは日本で使われる呼称で、ナント鴨のことです。(詳しくはルーアン種鴨とあひるのかけ合わせ)
ビュルゴー家のナント鴨を日本に輸入する際、ナント鴨では解りにくいということで輸入商社がシャラン地方の鴨なので”シャラン鴨”と名づけたというのが真相のようです。

1984年、トゥールジャンルダン東京店が開店した際、さっそく店長の中川はその鴨を食べに行きました。(男の台所開店はその15年後) 旨かった~!それはそれはこれまで食べたことのない味わいのある柔らかな鴨だったと言っておりました。その時に彼が言ったのは……、
”鴨は水辺の飼育場所で静かに静かに育っているんだそうな・・・。大きな音を立てると鴨が驚いて羽ばたく(運動する)だろう、すると肉質が固くなるので、深窓の令嬢よろしく見守られて育っているそうだよ。”

えっと、今ではちょっと首をかしげますが、まことしやかなその話に、当時はふーんと妙に納得したものでした。実はそのビュルゴー家の飼育場では、鴨は元気いっぱい走り回って育っているのだそうです。旨味と肉質の柔らかさはやはり品種と育つ環境とビュルゴー家の独特の餌で育つからなのでしょう。

伝統の、1984年、日本に初めて輸入されたビュルゴー家のシャラン鴨を販売いたします。これまで販売していたシャラン鴨ももちろんナント鴨でしたが、ただ育て方でこんなにも味に違いがあるのかと驚かれることもあるのではないでしょうか。

一度は食べてみたい鴨です。

0 件のコメント:

コメントを投稿