2014年7月10日木曜日

コッパ 約900g~1.3Kg(冷蔵)



イタリア レニエリ家の逸品Coppaコッパ 約900g~1.3Kg(冷蔵) Kgあたり7,990円 1.35Kg
10,786円

1頭の豚を1年のタンパク源とするトスカーナの古い慣わし
トスカーナの古い家庭では、豚を屠畜すると全ての部位を使って保存食を作り、1年のタンパク源として使い切るという慣わしがありました。冷蔵庫のない時代は、一年で最も寒いクリスマスの後が屠畜の時期と決まっていたのです。
まず最初に使うのは屠畜した時に出る血ですが、新鮮な血と肉を使用して、ブリストを作ります。ト畜後にまず最初に食べるのもブリストです。同時に頭や皮、耳を煮て固めるソプラサータ(テスタ・ディ・マイアーレ)も作り、冬場のタンパク源として食べます。
屠畜の翌日にはソーセージ作りで、熟成期間の長いサラミやカポコッロ(コッパ)は最後です。
春には、やや低カロリーのサラミやカポコッロをいただき、夏のおわり、収穫の時期には一年近く熟成を経たお待ちかね、生ハムが登場となります。こうしてトスカーナでは1頭の豚が1年を通して家族の生活を支えます。

0 件のコメント:

コメントを投稿